株式会社 阿部マルエクスプレス

神奈川県・横浜と大阪を中心に物流パートナーとして活躍しております。
定期便、スポット便、チャーター便、チルド車、冷凍車で全国どこへでも、年中無休、ダイレクトにお客様からお客様へと宅配致します。

お問い合わせ・採用情報 tel 0458645779

News~お知らせ~

ドローン宅配の実現で軽貨物業者の仕事は減るのか!?〜part1〜

ECでの買い物は今後も増えていく一方で荷物を届ける配達員の人手が不足しているということは深刻な問題になっています。

その人手不足に対する対策は大手運送会社をはじめ、様々なアイディアを出していますが、最近よく耳にすることがドローン宅配でしょう。

 

 

ドローン宅配便というのは、その名の通り、ドローンに荷物を持たせて個人宅まで配達するサービスですが、アメリカのアマゾンやUPSでは実験が進んでいるようです。

日本でも2015年に安倍総理が「早ければ3年以内にドローンを使った荷物配送を可能とすることを目指す」と宣言していますし、実際、実験も進んでいるようです。

米Uberもドローンによる食品宅配を計画中とのことです。

 

もし日本でドローンでの宅配が実現すれば、人手不足の解消に一役買いそうですが、そうなると我々のような軽貨物運送業者の仕事が減ってしまうのではないか?という不安がありますよね。

ドローンで宅配を行うという言葉のイメージでは、巨大な倉庫から小荷物を持った数十機のドローンが一斉に飛び立っていくと思い描くと思いますが、実際は違うようです。

 

まず配達をする地域までトラックで荷物を運び、そこからドライバーがドローンに荷物を積み、端末を操作して配達を完了するという感じです。

ドライバーはドローンが配達が終わるまで待つ必要はなく、次の配達場所に向けて車を走らせていると配達が終わったドローンは、自動でトラックを追いかけてくるというシステムです。

その実験はアメリカの大手物流企業のUPSが動画を公開しています。

 

次回はそのドローン宅配が日本に導入される場合について触れたいと思っております。

 

神奈川県横浜市にある阿部マルエクスプレスでは、今後の運送業界について様々な施策を考えております。

「軽貨物運送業者として独立したい」「本業とは別に運送業をやりたい」などのご相談も承っています。

お気軽にご相談くださいね。

お問い合わせフォーム

お困りのことがあれば、まずはお気軽にご相談ください。問い合わせフォームはこちら

to top